俳優専門学校ってどんなところ?よくある疑問や解決策について具体的に解説

憧れの芸能界で活躍したいと考える方は多いはずです。
そして、その目的を果たすためにしっかりと学びたい方の多くが俳優専門学校や養成所に進学する道を選びます。
両者は俳優をはじめとする芸能人を目指す人が学ぶための施設という点で共通していますが、細かいところを見れば違いがあります。
例えば、在校生の年齢層や学習の進め方、授業時間数、さらには学費などが具体例です。
両者の違いをしっかりと認識することで、間違いのない進学先を選ぶことが可能になります。

俳優専門学校ってどんなところ?よくある疑問や解決策について具体的に解説

俳優専門学校に関する疑問の解決策を示すには、類似している養成所と比較すると効果的ではないでしょうか。
両者では学び方が根本的に違います。
前者では知識と実技の両方を学び、同時に舞台や歌手、あるいは声優など幅広い分野を学べます。
それに対し養成所での学びは専門的で実践的です。
舞台やミュージカル、お笑いなど、自分が希望する分野の演技力を磨くレッスン方式なので経験を持った人に適しています。
また、俳優専門学校は授業時間数が多く、養成所は短時間集中型です。
それゆえ俳優専門学校には高校を卒業した若者が集まりやすく、養成所は幅広い年齢層が在籍する傾向があります。
そして、学費は俳優専門学校の方が高めです。

俳優専門学校にはどういった種類のカリキュラムが用意されている?

俳優専門学校のカリキュラムは、学校などによってそれぞれ異なります。
俳優などを目指すことができる演技指導科では腹式呼吸や口の開き方、唇の使い方などを学びながら意識して行う発生発音の練習や、無理のない本来の声を見つけ声だけの演技を意識する練習、喜怒哀楽の表現を頭の中でイメージして人前で思い切り表現する感情表現などがあります。
この他にも、映像演技基礎では、役に向き合うための自己解放や各自の個性に合わせたオリジナルの表現などカメラ前での演技や手法、表現の基礎等を学べたり、舞台基礎では、目の前にいる観客を感動させるための喜怒哀楽などの感情表現や作品への取り組みなど舞台俳優に必要な基礎を学ぶことができます。
演技以外の指導ではヨガや体感とトレーニング、プロのパフォーマンスを観賞する芸術鑑賞なども行われます。
このように俳優専門学校ではさまざまな種類のカリキュラムが用意されており、あらゆる観点からの指導が行われることになります。

俳優専門学校は初心者や素人でも通える?

俳優になりたいときに俳優専門学校に通うと、スムーズに演技力などを学んでいくようなことも可能です。
俳優専門学校に通いたいと考えているときに、演技やダンスなどの経験がない場合は初心者でも通うことができるのか不安を抱えることがあるかもしれません。
俳優で必要となる演技などのスキルを学ぶための学校になりますから、基本的には演劇などの経験がない人でも安心して通うようなことが可能です。
そもそもスキルを学ぶために学校を利用するのが普通なので、俳優専門学校でも何も知識や経験がない人が多く通っているので安心できます。
俳優にはいろいろなスキルが必要となりますから、どのような力が必要となるのかについても学んでいくことで分かる筈です。
俳優になることができれば、華やかな世界で活躍していくことができますから、基本的には初心者でも早めに学んだほうが安心できます。
俳優専門学校もいろいろとありますから、学費や指導の質などで実際に通う場所を決めていくのが大切です。

俳優専門学校と大学の決定的な違いとは?

俳優になりたいと考えているときに俳優専門学校を利用すると便利ですが、高校卒業後の進路と考えたときに大学にも進学したい人は少なくないと考えられます。
俳優を目指せる専門学校と大学のどちらかに進学を考えているような場合は、両方の違いを理解しておくことでスムーズに進学する学校を決めていくことが可能です。
俳優専門学校では俳優になるために必要となるスキルを学ぶことができますし、演技力なども高めていくようなこともできます。
大学は入学した学部によって授業の内容が異なるような特徴がありますが、大体の場合は高校よりも難しい授業で勉強をしていくことが可能です。
卒業後の就職先にも違いがあり、俳優専門学校は俳優になるのがメインになると考えられますが、大学の場合は卒業後に就職できる場所はかなり多いと考えられます。
俳優になるために必要となるスキルを効率的に学べるのが、俳優専門学校になりますから、その点が大学とは大きく異なる筈です。

俳優専門学校は大学や短大との併願ができる?

芸能界という華やかな世界に憧れを抱かれる方は多いでしょう。
昨今では女優や俳優は人気職業となっており、多くの方が俳優専門学校に行かれています。
そこで疑問となるのが、大学や短大に通いつつ俳優専門学校も併願できるのかということです。
答えはできるであり、大半の方が併願で通われています。
なかには社会人としてお勤めをしながら通学もしている人もおり、基本的には俳優専門学校では希望する方をすべて受け入れているわけです。
なお、通い方としては2パターン存在していて、平日毎日通学をするスタイルと、土日の休日のみの登校となります。
前者であれば昼間は大学などにはいけないので、土日コースがあるところを選ばないといけません。
また俳優専門学校では、年少者を対象にした専科もあり、小学生から中学生でも受け入れを実施されています。
役者は年代に関わらず活躍ができる仕事であり、年1回だけでなくいつでも入学ができる環境にもなっているところです。

俳優専門学校には年齢制限がある?

スポットライトを浴びられる世界、それが芸能界です。
今では子役も多くなり、幅広い年代が活躍できる場となりました。
これからこの世界でお仕事をしたいという方がいたら、まずは俳優専門学校に通わないといけません。
基本的に、俳優専門学校には年齢制限はなく何歳でも入学をして学べるスタイルとなっているところです。
赤ちゃんからでも活躍をされているケースもあり、さらには60歳以上を対象にしたシニアクラスもあります。
俳優専門学校では色んな年代層に特化をしたカリキュラムを用意していて、映画などに起用をされる人材の育成に取り掛かられているのもポイントです。
年齢に関しては、望ましいのは16歳から25歳までであり、この年でデビューをした方がマルチな活躍が可能となるでしょう。
今ではアイドルの活動もしつつ俳優になる方も多いので、先述した年代でのデビューを希望した方がいろんな可能性をひめている逸材としてさまざまな現場でお仕事ができます。

俳優専門学校は学生割引が利用できる?

演技を仕事にすることを夢見て俳優専門学校に通っている人は沢山いますが、殆どの場合高校を卒業してから入ることになるので自分で授業料を払う人が多いです。
そのため出来るだけ授業料の安い俳優専門学校を選ぶ必要がありますが、中には学生割引が利用できるところもあるので大学と専門学校と両方通うことを考えている人にとってはとても有難いことです。
とは言っても全ての俳優専門学校で利用できるわけではないのでこの点は注意が必要で、自分が通いたいと思っているところは適用されるのか予め確認しておくことが重要です。
また国の方でも修学支援新制度をスタートしていて、奨学金の支給を受けられたり入学金や授業料の減額や免除が適用されるケースもあるのでこの制度は注目です。
このように俳優専門学校の中には学生割引を利用することができるところもありますし国の修学支援制度を活用する方法もあるので、どのような形で受講するのが金銭的に得であるのかよく確認するようにした方が良いです。

俳優専門学校と養成所は何が違う?

街でスカウトされたりオーディションに参加して合格したりと、俳優になる道はいろいろありますが、しっかり技術を身につけるなら、専門学校等で勉強する必要があり、ここではその二つの専門機関の違いを説明いたします。
まず授業方針で、俳優専門学校は毎日通いみっちりレッスンを受ける施設で、演技や俳優業に必要な総合的な知識や技術を基礎から身につけていきます。
学校が忙しく、本格的な演技の勉強がなかなか出来ないという人に適しています。
一方養成所は、週に2回から3回程度の短時間のレッスンとなり、俳優の基礎を学ぶというよりある程度演技ができる人たちの集まりで、すぐ演技やお芝居に役立つテクニックとポイントなどを教える施設で、基礎よりも実践を重視しています。
働きながら通うことができ、経営元のオーディションに受かればすぐにデビューできるメリットがあります。
もう一つは年齢層で、俳優専門学校に入学してくるのは、ほとんどが高校を卒業したばかりの若者たちなので、コミュニケーションも取りやすく互いに切磋琢磨をすることで良い仲間づくりができます。
一方養成所は、子どもから高校を出たばかりの人や働きながら俳優を目指す人、また定年退職して俳優業をやってみたいと考えるシニア層までとても幅広いです。
年齢や経験が違う人たちの芝居を通し、学びながらコミュニケーションを取っていく為社会性が磨かれていきます。

俳優専門学校では進路や卒業のための試験がある?

俳優専門学校では進路や卒業のために試験は、学校によって違いがあります。
ただ多くの俳優専門学校では、進路や卒業、あるいは進級の段階でどのくらいの技術や知識が身についているかの評価はあるでしょう。
中には在学中にドラマや映画などのオーディションを受けさせたり、芸能プロダクションを呼んで面接をさせたりするなどをして、在学中に実際に俳優の仕事を経験させ、それが到達度を計る試験となってる学校も。
評価のやり方は基準は学校によって様々ですが、定めている基準にまで追い付いていない場合は、追加の講義やテストなどで技術を高めようとする場合もあるようです。
俳優専門学校とは言っても、生徒に求める技術はそれぞれ違いがあります。
どのようなカリキュラムを行い、進路はどのような道へ進んでいるかを調べることはもちろんですが、実際の学校の雰囲気を見てみることをおすすめします。
その学校で学んでいる生徒の姿が、学校の鏡でもあるでしょう。

俳優専門学校では奨学金やローンを利用できる?

ルックスがいいとモデルや俳優などになれる可能性が高いですが、実際にはルックスに関係なく演技力が高ければドラマや映画などに出演できるケースはあります。
そのため多くの人に俳優になるチャンスはありますが、実際にプロとして活躍するには演技力などを高めていかないといけません。
そのようなときに俳優専門学校が頼りになりますが、実際に通う場合は学費を負担しないといけないです。
学費については俳優専門学校によっても違いがありますが、大体の相場としては百万円以上は必要になると考えておいて問題ありません。
大金になるのでお金をすべて自力で用意するのが難しい人も少なくありませんが、そのような場合は奨学金やローンなどを利用して入学することが可能です。
奨学金やローンなどを利用すると将来的には返済をしていかないといけませんから、大体の場合はバイトをしたりして生活費を稼ぎながら俳優専門学校に通っていくようなことになると想定できます。

俳優専門学校に関する情報サイト
俳優専門学校について知ろう

憧れの芸能界で活躍したいと考える方は多いはずです。そして、その目的を果たすためにしっかりと学びたい方の多くが俳優専門学校や養成所に進学する道を選びます。両者は俳優をはじめとする芸能人を目指す人が学ぶための施設という点で共通していますが、細かいところを見れば違いがあります。例えば、在校生の年齢層や学習の進め方、授業時間数、さらには学費などが具体例です。両者の違いをしっかりと認識することで、間違いのない進学先を選ぶことが可能になります。

Search